×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食中毒を知ろう>微生物が増える条件は3つ

「病原微生物」が増殖するには、条件が必要になります。
水分・温度・栄養素の3つです。

【水分】
「水分」が多いほど増殖しやすく、「水分活性」が0.800〜0.999の時が、最適になります。
0.600以下になると、あらゆる微生物が繁殖できなくなります。

「水分活性」とは、”食品中の水分の内の「微生物」が、増殖可能な水分量”を表しています。
分かりにくいですか?
じゃあ、こう言い換えましょう。

食品中の水分が、25%で「大部分の微生物」が、
15%になると「ほとんどの微生物」が繁殖できなくなります。

【温度】
「微生物」は、増殖に適した温度の違いによって、
「低温菌」、「中温菌」、「高温菌」、

に分類できますが、
病原性を含め、ほとんどの細菌は「中温菌」です。

「中温菌」は、温度が30〜40℃の時に増殖しやすく、至適温度は37℃になります。

「高温菌」は、缶詰に多く、55〜60℃時に増殖しやすく、

「低温菌」は、魚に多く、30〜40℃が増殖に適しています。


冷蔵庫で、肉より魚の方が腐りやすいのは、このためなんですね。

【栄養素】
「栄養素」の主なものは、タンパク質・炭水化物・ビタミン・無機質です。

上記は、あくまで「増殖のための条件」であり、
1つや2つ欠けると「増殖」はしませんが、「生存」はしています。 そのことに注意してください。

食中毒を知ろう

トップページ
食品衛生はおもちゃにも及ぶ
食中毒って何?
微生物を知ろう!
微生物が増える条件は3つ
微生物が広がる道がある
食中毒予を防ぐ3つ方法
鶏卵には注意しよう!
魚介類を生で食べたい?
大腸菌にも悪い奴はいる
鶏肉には気をつけろ!
黄色いブドウには毒がある
致死率トップの食中毒はこれだ!
カレーは室温がダメな理由
ノロウィルスの脅威とは?
感染症と食中毒の関係1
感染症と食中毒の関係2
ジャガイモの芽には気をつけろ!
ふぐを素人がさばいたら
貝にも毒ってあるの?
死者や中毒者が多数出る化学性食中毒とは?
化学性食中毒の原因物質1
化学性食中毒の原因物質2
ポジティブリスト制度って知ってますか?
日本人は寄生虫病になりやすい?
回虫は日本を代表する寄生虫
10mの寄生虫って?
淡水の魚介類を生で食べますか?
妊婦さん、猫には気をつけて!
寄生虫を撃退しちゃってください!
腐るには訳がある
自己消化を知ってますか?
消費期限と賞味期限の違い
いろんな保存法を覚えよう1
いろんな保存法を覚えよう2
「洗う」にはいろんな効果がある
消毒の種類は3つある
逆性石けんって何?
水のあれこれ1
水のあれこれ2
HACCPを知ってますか?
使える冷凍保存
冷凍保存で気をつけること
肉類の冷凍保存テク1
肉類の冷凍保存テク2
肉類の冷凍保存テク3
魚介類の冷凍保存テク1
魚介類の冷凍保存テク2
魚介類の冷凍保存テク3
野菜類の冷凍保存テク
覚えておきたいパンの保存方法
解凍の基本とコツ教えます

その他

リンク募集中